リフォーム工事PAINT

OUTER WALL

外壁塗装について

塗装(外壁工事)というのは、本来、生地や素地を保護する為に施す事柄のことで、劣化防止や、保護の為に行うものです。
外壁や屋根の塗装については、お家のある場所(海のそばなど)や気候により塗料が変わってきます。
その場所に合った塗料をご提案いたします。

こんな症状に要注意

クラック(ひび割れ)

クラック
(ひび割れ)

サビ・カビ

サビ・カビ

チョーキング

チョーキング

上記のような症状があれば、すぐにメンテナンスをしましょう。
ひび割れやはがれ・チョーキングなどが現れていたら、外壁リフォームをお考頂くといいでしょう。
そのまま放置すると建物の構造材(柱やはりなど)まで水分がしみこみ腐食する可能性があります。
早めにメンテナンスすることで、建物を長く維持することが出来ますし、結果的に費用面でも安上がりです。

塗料の種類

種類 特徴 耐用年数
アクリル系 速乾性・耐水性に優れる 約6~8年
ウレタン系 耐久性、耐候性に優れる 約6~10年
シリコン系 屋根塗装に用いることが多い。耐寒性、光沢に優れる。 約12~15年
フッ素系 コストが高いが、その分耐久性、耐候性に優れる。 約15年~
外壁塗装

ROOF

屋根塗装について

屋根塗装

修理について

こんな症状に要注意

苔(こけ)・サビ

苔(こけ)・サビ

一般的な屋根材は新築後10年~20年経過すると屋根修理(屋根リフォーム)が必要となります。
屋根リフォームをお考えの方は、建て替えまでの年数を考慮し、地震・台風などの災害にも安全で安心できる屋根材を選び、予算に合った屋根修理(屋根リフォーム)をご検討ください。

塗装について

コロニアル屋根の場合
鋼板屋根とは違いさび止めの必要はありませんが、塗装前に高圧洗浄でしっかりコケを落とすのが重要です。
鋼板の場合
屋根の材質が、鋼板の場合、さび止め処理をしてから新たに塗装を致します。
塗装剤は、コロニアル屋根の場合と同じで、複数選択できます。

使用塗料

種類 特徴 耐用年数
ウレタン
樹脂塗料
もっともポピュラーな屋根・外壁塗料です。
耐候性、耐水性、耐油性にも優れています。
その他、鋼材、亜鉛鍍金面、アルミ、モルタル・コンクリートにも塗装可能で、木部との相性が非常に良いので、日本の木造家屋にも適しています。
7~10年
シリコン
樹脂塗料
塗装膜の表面がガラス質になりますので光沢がでます。
そのため、塗装表面が硬いのが特徴です。
防水性、防汚性が高く、耐久性も十分で、塗装膜の膨れや剥がれが少なく、建物の内部結露が防止できます。
10~13年
フッ素
樹脂塗料
ビルやマンションなどの、大規模修繕工事で多く使われる塗料です。
光沢感があり汚れにくく、耐候性、耐久性に優れ、耐久年数も長いため、少し高価な屋根・外壁塗料です。
12~15年

AREA/ 施工エリア

施工エリア

神奈川県全域

  • 横浜地域
  • 横浜市
  • 川崎地域
  • 川崎市
  • 横須賀三浦地域
  • 横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町
  • 県央地域
  • 相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村
  • 湘南地域
  • 平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町
  • 県西地域
  • 小田原市、南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町

東京23区

  • 城東地区
  • 千代田区、中央区、台東区、墨田区、江東区、葛飾区、江戸川区
  • 城西
  • 新宿区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、練馬区
  • 城南
  • 港区、品川区、目黒区、大田区
  • 城北
  • 文京区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、足立区

LINK/ リンク

日本塗装工業会
神奈川県塗装協会
横須賀三浦塗装工業協同組合
はやけんのブログ
プードル実況中
つながるペイント
ハヤシ建装 公式アカウント
外壁塗装ネット